【カナガンの給与量】子犬・成犬・シニア一覧表|避妊や去勢済の犬は?

 

カナガンを愛犬に与えるとき、どれだけ与えればいいのでしょうか。気になるところですね。

 

子犬から成犬、シニアという年齢、そしてそれぞれの体重によって、カナガンの給与量は変わってきます。

 

また避妊や去勢をしている犬は、肥満になりやすいことで、減らす必要も出てきます。

 

カナガンの給与量をチェックしていきましょう。

 

カナガン一日の給与量|子犬の量をチェックしよう

 

子犬は著しい成長期にあたり、タンパク質やカロリーを多めに摂取することが必要な時期です。

 

そのため成犬期よりカナガンの給与量は多くなります。

 

「子犬」が何ヶ月までにあたるか、超小型犬から大型犬にかけて差があるので注意してください。

 

小型犬は一歳ごろに成犬とみなされますが、大型犬は遅くまで子犬としての給与量で計算する必要があります。

 

体重(kg) トイ(1〜5kg) 小型(5〜10kg) 中型(10〜25kg) 大型(25〜45kg)
2〜3ヶ月 65 145 215 385
4〜5ヶ月 85 165 235 405
6〜7ヶ月 95 180 255 425
8〜9ヶ月 85 165 255 440
10〜11ヶ月 65 155 235 425
12〜13ヶ月 成犬 145 225 405
14〜15ヶ月 成犬 成犬 215 395
16〜17ヶ月 成犬 成犬 成犬 385

 

(表の中の数字は一日の給与量で、gを表しています)

 

カナガン一日の給与量|成犬(1歳から6歳)の量をチェックしよう!

 

1歳から6歳までの成犬期にあたる犬は、一生のうち一番運動量が活発な時期です。

 

この時期にカナガンを一日どれだけ与えればいいか、以下の一覧を参考にしてください。

 

体重(kg) 1日あたりの給与量(g)
3kg 35〜80
5kg 75〜120
10kg 90〜190
15kg 110〜240
20kg 135〜285
30kg 200〜380
40kg 270〜475
40kg〜 360〜

 

幅がありますが、ドッグフードは基本的に最初は下限量から与え始めます。

 

ただカナガンの公式、レティシアンですすめられている量は、若干少なめなので、あくまでも目安です。

 

犬それぞれの便やコンディションを観察しながら、5gずつ増減するという方法が良いという説明を、公式から受けています。

 

カナガン一日の給与量|シニア犬の量をチェックしよう!

 

7歳を過ぎると犬は高齢犬、つまりシニア期に入ります。

 

シニア犬になると眠っていることが増えたり動きが鈍ってきたりして、運動量は少なくなります。

 

カナガンにはグルコサミンやコンドロイチンが入っているので、シニア犬のケアに向いています。適量を見定めて与えるようにしてあげてください。

 

成犬から約9〜10%減らして計算しています。運動量にもよるのでシニアでも活発な犬は、成犬と同様5g単位で増やすようにしてください。

 

体重(kg) 一日の給与量(g)
3kg 32〜73
5kg 69〜110
10kg 82〜174
15kg 101〜220
20kg 124〜262
30kg 184〜349
40kg 248〜437
40kg〜 331〜

 

避妊や去勢をしている犬は減らして与えること!

避妊手術や去勢手術をした後の犬は、肥満になりやすくなります。

 

繁殖のために使われているエネルギーが減ってしまったり、基礎代謝が悪くなったり、いろいろな原因がありますが、多くの犬が太りやすくなります。

 

そのため避妊や去勢をしたあとは、カナガンの給与量も、少し気をつける必要があります。

 

5gずつ減らして様子を見るのが基本ですが、9〜10%減らして与える計算の、シニア犬用一覧に合わせて増減していくのがやりやすいでしょう。

 

太っている犬と痩せている犬の場合はこれだけ増減!

たとえば3kgの成犬の場合、35gから80gという幅があります。

 

大まかには、目安とされている給与量から、太っている犬は10%減らして、痩せている犬は10%増やして与えると考えればいいでしょう。

 

増減をしながら、太ってきてしまった、まだ痩せている、と飼い主さんが判断していくしかありませんが、その目安として、犬の体格を飼い主さんが判断できるポイントを解説します。

 

痩せている

肋骨や腰骨が浮き出てしまっています。
犬のお腹がへこんで、上から見るとウエストが極端にくびれています。

体重が不足している

脂肪はわずかにありますが、肋骨や骨には触れることができます。
お腹の脂肪は少なめで、お腹はへこんでしまっています。

理想体重

皮下脂肪は多くありません。
ちょうど良く平たい皮下脂肪の上から、肋骨など骨に触れることができます。
ウエストは適度にくびれています。

体重が多め

皮下脂肪がやや厚めになり、上から触っても肋骨に触りにくくなります。
上から犬の体を見ると、背中の形が横に広がった形になります。

肥満

全体に厚い脂肪に覆われた体になり、触っても肋骨に触れることができません。
お腹もぶよぶよとした肉と脂肪で垂れ下がってしまいます。
犬の体を上から見ると、ウエストのくびれはありません。
箱のような四角や、丸みのある樽のような形になっています。

 

犬の体型を観察し、体重をこまめに量りながら、犬が痩せすぎたり太りすぎたりしないように、カナガンの量を調節してあげてください。

 

適量の判断基準は犬の様子をチェックして!

 

一覧表はあくまで目安です。

 

そのため一覧表の目安よりも、多かったり少なかったりする場合もあると思いますが、適量の判断基準は犬の便とコンディションです。

 

犬の便が耳たぶ程度の硬さで多くも少なくもない適量であれば、カナガンが愛犬にちょうど良い量だということです。

 

また犬が元気な生活をしていること、動きが鈍ったりしていないこと、体重や体型に急激な変動がないことなども大事です。飼い主さんが一番よく知っている、愛犬の一番良い状態であるかどうかをカナガン適量の基準としてください。