【カナガンは涙やけに効果なし?】治る犬と治らない犬がいる理由

 

カナガンの良い評判のひとつに、涙やけが治ったというものがあるのですが、それを期待して、涙やけを起こしている愛犬に与えた飼い主さんからは「涙やけが全然治らなかった!」という口コミもあります。

 

カナガンは涙やけに対して効果があるのかどうか、気になりますね。

 

もし何らかの効果があるとすれば、治る犬と治らない犬に分かれた理由はどういったところにあるのでしょうか。

 

カナガンが涙やけに効果があるのかないのか、またその理由をチェックしてみましょう!

 

カナガンで涙やけが治った犬|その理由はここにある!

 

カナガンに切り替えたことで、涙やけが治ったという犬は少なくありません。

 

まず、無添加で原材料の質が良いため、涙やけの原因となっていた副産物や添加物、アレルギー物質を口にすることがなくなったということが大きな理由です。

 

市販のドッグフードには、添加物や副産物、アレルギー物質と言われる粗悪な原材料が含まれています。

 

副産物や添加物、アレルギー物質が含まれている場合、その老廃物を涙として排出するので、涙やけが起こると言われています。カナガンが涙やけに良いと言われているのは、副産物などを含んでいないので、涙が流れ出ないためです。

 

カナガンの原材料はヒューマングレードで品質が高いものです。犬が必要とする栄養素だけが多く含まれたドッグフードです。

 

余計なものが入っていないことで、老廃物の原因にならないカナガンは、涙やけの原因になりにくく、そのために涙やけが改善された犬が多いのです。

 

涙やけに全然効果なし!カナガンで涙やけが治らない犬の理由とその対策も

 

カナガンなら涙やけが治ったという口コミ評判を目にして、期待して愛犬に与えてみたもののまったく涙やけが治らなかった、改善につながらなかったという飼い主さんの声も、少なくはありません。

 

「カナガンは涙やけが治ると聞いたのに!」と怒りたい気持ちは分かりますが、まずちょっと落ち着いて考えてみてくださいね。

 

どうしてカナガンが涙やけに効果があるのか、考えられる理由は以下のふたつです。

 

  • その犬の涙やけを起こしていた原因となる物質が入っていないこと
  • 涙やけを起こしやすくする粗悪な原材料がすべてカットされていること

 

ドッグフード以外の理由で涙やけを起こしている場合には、もちろんカナガンで改善することはありません。

 

カナガンは無添加で良質のドッグフードです。薬ではありません。

 

涙やけを起こしやすくする粗悪物質を除去はしていますが、涙やけを治す薬効成分は含んでいません。

 

カナガンによって改善される涙やけは、添加物や副産物を原因としたものが多いです。しかしながら涙やけの原因は外的要因や、アレルギーなどの体質が理由であることも多いことをまずご理解ください。

 

まず原因特定として、アレルゲンや涙腺・涙管の検査を病院で受けることをおすすめします。

 

アレルギーを起こしている場合には、その特定をして、アレルゲンを除去することが最優先です。

 

動物病院によって異なりますが、アレルギー検査はおよそ100項目を2〜3万で受けられることが多いので、涙やけがひどく、カナガンで改善しない場合には、アレルギーを疑って検査をされることも考えられたほうがいいでしょう。

 

涙腺や涙管の異常という先天的な理由で涙やけを起こしやすいワンちゃんもいます。これも獣医さんでなければ分からないので、カナガンで涙やけが治らない、長期にわたって涙やけが続いている場合には、やはり受診をおすすめします。

 

また目の周りの毛が長い犬や、逆さまつげの犬は、涙やけを起こしやすいので、そういった場合もカナガンで改善は無理です。

 

涙やけの原因がドッグフードかそれ以外かでカナガンの効果が大きく分かれる

 

涙やけを起こしていた原因が、今までのドッグフードにある場合には、カナガンに切り替えたことで大きく改善する可能性が高いといえます。

 

今までのドッグフードに粗悪な物質が含まれていて、それが愛犬の涙やけを起こしていた場合、カナガンにはそういった物質はまったく入っていないからです。

 

安すぎて添加物や副産物だらけの、品質に不安があるドッグフードを食べ続けているワンちゃんが涙やけを起こしている場合には、カナガンを試してみる価値はあるでしょう。不安物質を遠ざけ、体質を変えることで涙やけが治る可能性があります。

 

ただ先天性の病気などドッグフード以外に原因があり、病院での根本的な治療が必要な涙やけの場合には、カナガンでは効果がありません。

 

カナガンには薬効成分も治療効果もありません。犬の体質を良い方向に転換するだけです。

 

そのことで涙やけを起こしにくくするだけでは追いつかない病気の場合には、まず治療をすることが第一です。

 

カナガンを試してみて改善しない場合には、カナガンに原因があるのではなく、ワンちゃんに何か涙やけが治らない、見過ごしてはいられない原因があるので、それを治してあげてくださいね。