【人工添加物】カナガンに本当に入ってない?酸化防止剤の安全性は?

 

カナガンが人気があるといわれる理由のひとつに、無添加ドッグフードということがあります。添加物が入っていないという点は安心できますね。

 

でもちょっと気になりますね。カナガンには本当に何も人工添加物は入っていない、まったくの無添加なのでしょうか?

 

実際カナガンには酸化防止剤が入っています。これは愛犬に有害なものではないのでしょうか。

 

カナガンに添加物が本当に入っていないか、また酸化防止剤の安全性はどうなのか、これをしっかりチェックしましょう!

 

カナガンはまったく無添加ではない|でも安全性はOK!

 

結論から言うと、カナガンには添加物が入っています。

 

けれどそれは、健康に良くないといわれる防腐剤や着色料・香料といった合成添加物ではありません。

 

無添加の定義は明確ではありませんが、「健康によくないとされる防腐剤・着色料などを加えていない」とされています。その点でカナガンは危険な合成添加物を含んでいるドッグフードではない、いわゆる無添加ドッグフードと呼ばれています。

 

以下はカナガンの原材料です。赤文字になっている部分が、添加物にあたります。

 

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

 

つまりビタミンやミネラル、グルコサミンやコンドロイチン、オリゴ糖といった、健康に良いといわれる有効成分が添加されているのです。

 

カナガンは、原材料の食材だけでは摂取できない栄養成分や有効成分を人工的に配合することで、安定摂取できるように補っています。

 

ビタミンやミネラルを入れるのは愛犬の健康上の理由がある!

 

「こんなにビタミンやミネラルを添加しなくても、食材を充実させていれば摂取できるのに・・・」と考えられるかもしれませんね。

 

でも実際にはそんなに簡単ではありません。

 

ドッグフードは製造するときに加熱します。ビタミンやミネラルが熱に弱いのはご存知ではないでしょうか。

 

せっかく新鮮で栄養価が高い食材を使っていても、どうしても必要な加熱処理によって、このビタミンやミネラルは壊れやすくなってしまうのです。

 

また食材に含まれているビタミンやミネラルは、どの食材にも同じ量が、そして一年中一定量が安定して含まれているわけではありません。手元に届いたカナガンが、その都度ビタミンやミネラルの含有量がバラバラというのはどうでしょうか。

 

犬にとってはタンパク質などと同様、ビタミンやミネラルは欠かすことができない栄養成分なので、しっかり摂取する必要があります。

 

カナガンには、加熱処理や食材の質により変動がないよう、ビタミンやミネラルを添加されています。

 

そしてこのビタミンやミネラルは、安全性が高い、人間にも使われるもので、犬に不安があるものではないので安心してください。

 

健康食品に使われている安心な成分も添加

カナガンにはグルコサミンやコンドロイチン、オリゴ糖が入っています。

 

こういった成分は必要なのかどうか、考えてしまう方もいると思います。

 

カナガンはオールステージフード、つまり全年齢用なので、シニア犬に与える飼い主さんもいます。

 

グルコサミンやコンドロイチンはシニア犬の足腰や関節などをケアするといわれる成分なので、カナガンにも配合されているのです。こういった成分も人間の健康食品に使われています。

 

オリゴ糖も同様で、身体環境を安定させるという目的で配合されているので、不安な成分ではありません。

 

こういった成分がカナガンの「添加物」なのです。

 

カナガンの酸化防止剤の安全性は高い!

カナガンには合成保存料が入っていません。

 

ドッグフードは開封すると酸化が始まるので、それは酸化防止剤で遅らせる必要があります。

 

無添加を徹底するカナガンには、酸化防止剤としてハーブやミックストコフェロール(ビタミンE)が使われています。

 

保存料や酸化防止剤は人工と天然のものに分かれていて、カナガンに含まれているものは天然素材のものです。

 

天然成分の酸化防止剤は、酸化防止の効果が弱いために長期保存ができず、保管方法も注意を払う必要があるというデメリットがあります。

 

その反面安全性が高く、犬の健康に不安感がないという大きなメリットがあり、犬の安全を追求するカナガンにはこの天然成分の酸化防止剤が使用されているのです。

 

合成保存料には強い保存性がありますが、その反面発がん性の危険などが報告されています。海外では禁止されている国もありながら日本ではいまだに使われているものがあるという状況です。

 

カナガンにはそういった不安な保存料が入っていないのです。

 

カナガンには合成人工添加物は一切なし!

 

カナガンに含まれている「添加物」はビタミンやミネラルなど、損なわれやすい栄養成分を安定的に犬に摂取させるためのものです。

 

また酸化防止剤も天然のものであり、安全性に不安はありません。

 

愛犬の健康な食生活の基本は、不安な有害物質を体内に摂取させないことです。

 

カナガンには、発がん性などを報告されている危険な人工添加物はまったく入っていません。

 

安心して愛犬に与えてください。